岩手大学ホームページ
岩手の「大地」と「ひと」と共に
>> 岩手大学の取組
 CONTENTS MENU
現代GPについて
岩手大学の取組
取組の進捗状況
平成17年度
平成18年度
平成19年度
平成20年度
運営組織・連絡先
ONLINE DATABASE
特許情報検索System
ニュース・レター
がんちゃん
がんちゃん
岩手大学の取組


1.取組の概要

(1) 知財関連科目が増えつつある中で,全学的な知財教育に取り組むにあたり,環境問題に役立つ知的財産という観点から これらを体系付け, 地域連携推進センターが行っている知的財産本部整備事業のバックアップの下で,実学的な知財教育を全学的に行います。
(2) 自発的共同学習を通じて,知財に関する多様なかかわりの理解,自ら創造し学び取っていく力を高めるためのワークショップ を設けます。
(3) 3段階構成の教育システムを構築します。つまり,第一段階として,特許庁や企業等の現場への見学を含めた知的財産制度の入門講座を 行い,第二段階として,異なる学部の学生 が混成で,自発的協同学習を通じて知財に関する多様なかかわりの理解を高めるためのワークショップを取り入れます。最後に, 各学部特化の専門講座を開設します。農・工学部においては,自らの研究成果を知財として活用する実務的能力の涵養を目的とする講座を, 人文社会科学部においては,法制度の実務的・法律的理解を深め,弁理士へのチャレンジを可能にする内容の講座を,教育学部においては, 教育実習を通じて子供に知財教育する方法の開発する講座を設けます。

2.本取組の実施に至った動機・背景

(1) 教育体制と開講授業科目
平成16年度より,大学教育の中心的役割を担う「大学教育センター」が設置され,その統括の下で,「環境教育科目」が全学部学生を 対象として4コマ開講されています。環境問題は人類共通の課題であるとともに,青森県境に大規模産廃不法投棄場を抱え込む地域の特殊性 に鑑み,環境教育を重視したものです。知財関連科目は各学部の独自科目として増加傾向にありますが,放送大学活用に関する放送大学と の研究プロジェクト科目「現代社会と著作権」を全学共通科目とし,知的財産教育の全学的な取組の機運が非常に高まってきていることに 対応しています。
(2) 「知的財産本部整備事業」
北海道,東北地域における地方大学を代表する形で認められた事業であり,地域連携推進センターに「知的財産創出・活用部門」を設け, 大学での研究成果を知的財産化し,活用を図り,さらにはベンチャー創業のためのインキュベーションラボも設けていますが,これらの 活動は軌道に乗っており,地方大学の中ではきわめて高い評価を受けています。平成17年度には,地域連携推進センター内に「地域司法 部門」を設けて教員を配置し,地域の知財法務・会社法務を中心にした法律支援の面での活動を強化しつつあります。大学内および地域 での知財に対する教育・啓蒙活動も同時に行っており,工学部における知的財産権概論,ベンチャー企業論(平成16年度より開講), および,人文社会科学部における知的財産法II(平成17年度より開講)もその一環です。また,地域の弁護士を対象とした最新の会社法務 ・知財法関連講座を平成17年度内に開設するとともに,地方自治体・企業等における知財関連職員向けに「最新判例に学ぶ知的財産法セミ ナー」をスタートさせ,岩手県には弁理士が一人しかいないことの危機感に基づく弁理士指向への熱意に応えています。こうした地域連携 推進センターの実務家的人材をさらに積極的に活用し,全学部学生に対する実務的な知的財産教育を推し進める機運の高まりが,全学的に 見られるようになりました。
次ページへ  トップページへ戻る
岩手大学ホームページ
リンク及び著作権について プライバシーポリシーについて
大学教育総合センター 知財教育推進部事務局 その他詳細については
uec@iwate-u.ac.jp chizai@iwate-u.ac.jp   「問い合わせ先」をご覧ください
  〒020-8550 岩手県盛岡市上田三丁目18番8号 Copyright(C) 2005-2006 Iwate University.  All Rights Reserved.